フィトリフトの解析

フィトリフトの解析

 

フィトリフトオールインワンジェルのデメリット

 

全く悪いところが見つからないんですが、最もキライなところは・・・ここっ!

 

開けた時に内ブタが外のフタにピタッとくっついちゃうところ。

 

 

 

指で透明の内ブタを引っ張ればとれるけど、器、改善してくれないかな。

 

あとは、悪いとこっていうか悪い面と呼べるほどの事ではないけど、がっつり取り過ぎて塗ると後悔します。

 

よく言えば「うるおいすぎる」悪く言えば「べたつく」。

 

ポイントは、スパチュラに真珠2〜3粒大くらいの量で様子見して、足りないところだけ付け足しでつける。

 

あまり使いすぎなくても保湿ができるのでコスパがいいとも言えるし、むしろメリットなのではないかと思います。

 

フィトリフトオールインワンジェルのメリット

 

良い面はかなり多いかも。

 

特に注目してほしい美容成分が2つあります。

 

1つは美容成分が99.7%って事。

 

2つ目は、フィトリフトに配合されている植物からつくられた美容成分「フィト発酵エキス」のもつパワーと効果。

 

下のフィトリフトオールインワンジェル全成分のところにも細かいところまで書いているので参考にしてみてくださいね。

 

フィト発酵エキスの実力は・・・ヒアルロン酸の6.14倍、コラーゲンの3.13倍、プラセンタの約2倍。

 

好評の3大美容成分と呼べるくらい、超有名な美容成分をかる〜く超えちゃうのが、フィトリフトに配合されている植物性成分「フィト発酵エキス」なのです。

 

フィトリフトオールインワンジェル全成分

 

浸透性コラーゲン(※3)/弾力スーパーヒアルロン酸(※4)/中から保湿ヒアルロン酸(※5)/外も保湿ビタミンC誘導体(※6)/キメコメセラミド(※7)/整肌レチノイン酸トコフェリル/ハリリンゴ培養エキス(※8)/弾力リジュリン(※9)/FGF様EDP3(※10)/EGF様白金ナノコロイド(※11)/エイジングケア水、BG、グリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、パントエアアグロメランス培養溶解質エキス(※1)、ハイブリッド薔薇子房エキス(※2)、ダイズエキス、アセチルヒドロキシプロリン(※3)、アセチルヒアルロン酸Na(※4)、ヒアルロン酸Na(※5)、グルコシルセラミド(※7)、リンゴ果実培養細胞エキス(※8)、オリゴペプチド-24(※10)、アセチルデカペプチド-3(※9)、レチノイン酸トコフェリル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(※6)、白金(※11)、オウレンエキス、グリチルレチン酸ステアリル、アルギニン、ジメチコン、セテアリルグルコシド、カンテン、エチルヘキシルグリセリン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、α-グルカン、キサンタンガム、レシチン、ポリソルベート80、トコフェロール、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル。

 

 

page top