フィトリフトとシミウスの違い

フィトリフトとシミウスの違い

 

初めに、どういったコンセプトのオールインワンジェルなのか紹介します。

 

シミウス ホワイトニングリフトケアジェル

 

医薬部外品で、医学雑誌にも載るほど注目されている、シミを薄くする事ができるオールインワンジェルです。

 

シミ以外にも、ほうれい線や、肌荒れにも効果があるため、広範な肌悩みを解消する事ができます。

 

マッサージジェルとして使えるため、肌への浸透力が高いところが人気です。

 

保湿力が下がってしまいがちなオールインワンジェルですが、保湿成分をかなり優先しています。

 

ジェル自体が弾力があり、触るとはじくような触り心地をしています。

 

その弾力で、肌にハリを与える事ができます。

 

同じオールインワンジェルでも、少しコンセプトが違ってきますね!

 

それぞれのジェルの特徴は?

 

シミウスは1つで10役と、業界初の役割の多さをもっています。

 

化粧水、乳液、美容液、クリーム、アイクリーム、マッサージ、美白、保湿、化粧下地、パックの10役です。

 

下地まで兼ねているので、メイクの化粧のりもよくなります。

 

保湿成分は、コラーゲンなどの最適に加え、このところ注目されているシコンエキスが入っています。

 

加えて、肌表面の保湿では、根本的にシミやしわのケアができないところに目をつけていて、深層保湿という肌の奥まで浸透させます。

 

ダブルクリスタル製法といって、ジェルを2層にして、マッサージジェルと美白有効成分を分ける事で、深層保湿を実現できるにしています。

 

この技術はシミウス独自の製法なんです。

 

フィトリフトは、1つで5役とスタンダードなオールインワンジェルです。

 

化粧水、乳液、美容液、パック、クリームの5役です。

 

スキンケアを10秒で済ませるという、オールインワンジェルの中でもかなり最短でスキンケアをする事ができます。

 

ヒアルロン酸とコラーゲン、プラセンタを優先していて、肌表面の潤いを逃さないように保湿してくれます。

 

ビタミンCも入っているので、美肌作りもできます。

 

【まとめ】

 

比較してみるとどうでしょうか?

 

肌を根本的にキレイにしたいなら、シミウス。

 

とにかくスキンケアを早く終わらせたいなら、フィトリフト。

 

という感じですね。

 

シミウスでケアをする時間も3分でマッサージまでして終わらせる事が可能なので、個人的には断じてシミウスです♪

 

医薬部外品の認定を受けているオールインワンジェルは「シミウス」くらいですから。

 

page top